社会人大学院生の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 長屋とITの融合(序章)

<<   作成日時 : 2007/04/05 06:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ちなみにいい歳こいて、大学院というものにいっておりますが、おかげさまで来年7月まで学校にいられそうです。(一年留年確定orz...)

このような長屋環境のつくりかたをモデル化して、他の地域コミュニティにも広げられないかな、そこからなんかビジネスにつなげられないかな?(一応、ビジネススクールの学生なので)ということを、卒業プロジェクトのテーマとして考えています。

言葉を変えると、
「マンション等のリアルなコミュニティをSNSやメーリングリストなどのインターネットツールを駆使して活性化する」Open Contentsモデル(WikiPediaチックなしくみ)的に広げる方法を研究しようと考えています。

WEB2.0という言葉はちょっとはやり言葉の旬を過ぎかけていますがが、いつもみんなが和気藹々と楽しく過ごせるコミュニティをITインフラを利用して作るという意味をこめて、「長屋2.0プロジェクト」と呼ぶことにします。

調べ始めてわかったのですが、こういったインターネットを駆使してコミュニケーションを活性化させているコミュニティは、タウンハウス、コーポラティブハウス等を中心に、かなり多くのところで実現し始めているようです。

ワタシの研究テーマは、そういった仕組みをある程度の定型モデル化して、「仲のよいコミュニティを作りたいけど、どうやっていいか、どこから手をつけていいかわからない。」そんな人たちの背中を押せたらいいかな、などと思っています。国際ビジネスコースなので、国際的な味付けもしたいです。企画倒れに終わらなければ、この内容でこれから一年、研究を進めてみたいと考えております。

直感的には、魂のこめ方を定型化するところが結構難しそうなので、企画倒れになる可能性はかなり高いのですが、はじめからあきらめるのもなんなので、とりあえず、うちの長屋の場合で住民の皆さんがどのように協力して盛り上げて、このような環境になってきたかというプロセスを整理して書き綴ってみたいと思います。

ではでは、お話は我らの長屋の建物が完成した1999年の夏までさかのぼります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
長屋とITの融合(序章) 社会人大学院生の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる